teppay’s log

技術ブログです。

サイボウズ サマーインターンシップ2018いってきた

はじめに

https://cybozu.co.jp/company/job/recruitment/intern/images/interntop/banner_summer2018.png

動機

サイボウズインターンに申し込んだ動機は以下の4つです

セキュリティ・キャンプで気になった企業だった

セキュリティ・キャンプに参加した際に,企業プレゼン?的なものでサイボウズのプレゼンを見て,プレゼン中の雰囲気が良くて気になっていました

セキュリティで有名

サイボウズの脆弱性報奨金制度Twitterなどで良くランキングが流れてきたり,「バグハンター合宿」のような独特の企画を開催したりしていて,その裏側に興味がありました

報酬が良かった

ぶっちゃけインターン先としてサイボウズに目が行った最初の理由は報酬の高さです(笑 調べれば出るのであえて金額には言及しませんがトップクラスの良さだと思います.
また報酬がもらえるのはもちろん嬉しいことですが,それだけでなく「その良い報酬をインターンに支払うことのできる景気のいい?企業」であるということ自体も選択の大きい理由になりました.

インターンの内容が詳しめに公開されていた

サイボウズインターンは応募の時点でどんなことをやるかが詳しめに公開されていて,過去のレポートもあったので,インターンに参加したらなにができるかが明確だったのが良かったです.

インターンまでの流れ

あくまで今回のインターンの流れです

書類選考

Webの応募フォームからエントリーシートを提出すればOKでした.
内容も動機と自己PRとインターンに必要なスキルの確認程度のもので,研究なんかで時間がなかった自分にはとてもありがたかったです.

面接

東京オフィスでの面接でした.私服で行きました.
内容としては,書類選考の際に書いた内容をベースに,自分が今やってることなんかを聞かれたり逆に質問したりでした. 「面接」という固い感じではなく,おしゃれなオフィスで二人の社員さんとおしゃべりって感じだったので緊張せず セキュリティが面白い,セキュリティはかっこいいみたいな話で一人で勝手に盛り上がって途中でどんな質問に答えてたかわからなくなった記憶があります(笑

インターンの概要

品質保証・セキュリティコースはそのコース名の通り,サイボウズ品質保証セキュリティの2つのプロセスを体験することのできるコースでした.
1日目の午後から3日目の午前中までが品質保証で3日目の午後から5日目までがセキュリティでした.

0日目

自分は本社(日本橋)と自宅の距離が遠くはないという判定でホテルが支給されなかったのですが,9時出社のためには6時ごろには起きなければならず,普段から遅寝遅起きを徹底している自分には厳しいと思ったので近くのカプセルホテルをとって,前泊から5泊をそこで過ごしました.

↓カプセルホテルの一室

f:id:teppay:20180921174239j:plain

1日目

9時集合だったので8:45くらいに着く感じで行って,例によってオフィスの写真をとりました

f:id:teppay:20180921174306j:plain

午前中はオリエンテーションと,インターン生全員に向けてセキュリティの講義がありました.この講義のあとの簡単な小テストに合格しなければ補習を受けなければならなかったたためびびりましたが無事全員合格できました.

午後からは早速品質保証のインターンで,kintoneのある機能に対する試験設計が始まりました.

↓歓迎会

2日目

1日目に引き続き試験設計を実施して,設計した試験をお互いにレビューしたり,モブ形式でレビューしたりしました. その後試験仕様書を基に試験を行い,また探索的にソフトウェアを試験するアドホック試験を体験しました.

またこの日は社長の青野さんとインターン生でランチをしました.最初は若干緊張したけどすごくフランクな方で「会社に来る意味がわからなかったので,会社を人が集まる(人が来たくなる)場所にしたかった」という話がなるほどとなりました.

3日目

3日目は2日目に発見された不具合の改修確認を体験して,品質保証のインターンが終了しました.

この日のお昼は社員さんと鶏料理のお店に行って唐揚げを食べました.

午後からはセキュリティのインターンが始まりました.セキュリティのインターンではPSIRTの業務を体験させてもらうことになりました.
最初は脆弱性のハンズオンで,XSSやSQLiなどのメジャーな脆弱性について古い製品で体験しました.

その後,用意された脆弱性に対して,サイボウズ脆弱性報奨金制度で報奨金の金額を決める際などのも使われるCVSS v3の値を算出して,それをメンターさんにレビューしてもらう体験をしました.

4日目

この日も引き続き脆弱性の評価とそのレビューを受けるところから始まりました.

この日もお昼は社員さんと外食で,確かスペイン料理のお店に行きました

↓揚げたニクに葉っぱが乗ったモノ f:id:teppay:20180921174332j:plain

午後からは,PSIRTの人が行う脆弱性の検証を体験しました.こちらも脆弱性が存在する古いバージョンに対してテストしました。その際、メンターの方が把握していなかったSQLi(※)を発見することができてゾクゾクしました(笑 ※最新バージョンではすでに改修済です。

5日目

この日の午前は検証を引き続き行って,午後からは社員さんが行っているのと同様に脆弱性の報告をして,それを評価しました.

最終日は成果報告会があって,その発表資料を2時間で作らねばならず,3人で分担しましたが作り終わったのは報告会の3分前でした

その他

インターン中にいろんなイベントに参加させてもらったのでそのことについて

勉強会(任意参加)

3日目の夜に社員さんがインターン生向けに勉強会を開いてくださったものに参加しました. 内容はアクセシビリティについてで,「アクセシビリティとはなにか」という話から,iPhoneのVoiceOverという機能を使って実際にアクセシビリティのための機能について解説を聞くことができました.

QA勉強会 -BlackHat 報告会-

QAとPSIRTが所属している品質保証部という部門の勉強会にも参加しました. これはBlackHat USAに参加された社員さんの報告を聞くもので,東京オフィスだけでなく他のオフィスからリモートで参加している人が居たのが印象的でした.

話スシ🍣(任意参加)

話スシとはサイボウズの社内LT大会のようなもので,技術以外のことについて社員さんが熱く語っていました.
内容としては,総務さんがSUGEEEっていう話と,ディズニーの過ごし方についての話でした.とりあえずディズニーにとても行きたくなりました.

またここでは(普段はなかなかでないらしいんですが),リアル寿司がでたので美味しくLTを聞くことができました.

f:id:teppay:20180921180825j:plain

Cybozu Meetup(任意参加)

話スシのあとに,オフィスで開催されていたCybozu Meetupにも特別に参加させていただきました.
内容はアジャイルとかチームについてだったんですが,正直ほぼ知らない分野だったので単語をググりながら理解するのがやっとで疲れました笑

インターンの感想

楽しかった

メンターさんや人事さんの努力のおかげでしょうが,とても楽しくインターンすることができました.
インターンの内容は知らなかったことや興味深いことばかりで,「明日も早く行きたい」となりましたし,盛りだくさんすぎてこんなにいろいろしてもらって大丈夫か?となりました笑

美味しかった

インターン中にいろいろ食べさせてもらいました.昼食は毎日支給されましたし,夜も歓迎会やら寿司やら懇親会やらでたくさん食べました.

帰りたくなくなった

最終日の報告会のあと,「じゃあまた来週」的な冗談を言われて「はい!ぜひ!」って感じでした笑

サイボウズすごい

  • 出勤時間・場所が超フレキシブル
  • 良い意味で超自由
  • 社員さんどうしの仲がいい
  • 全体的に堅苦しい「会社感」がない

おわりに

こんなこと言ってたのに1週間以上おそくになってごめんなさい笑